フリースクールの先生が家庭訪問に来てくれました。

私は先日、不登校の小・中学生を対象とした、フリースクールの先生と面談してきました。

まだお若くて優しい、女性の先生です。

面談では小学校~中学校までの出来事を話し、息子の現在の状況を聞いてもらいました。

すると「一度、お子さんとお会いしたいです」と言ってくださいました。

そして、約束していた日、先生が自宅まで来てくださいました。

ところが、息子はとなりの部屋にこもったまま、出てきません。

先生は「そのままでいいですよ~」と、ご自分から自己紹介をはじめました。

そのうち、息子はすこーしずつ顔をのぞかせて・・・

やっと、最後に姿を現しました。

部屋の片隅にアニメのキャラクターグッズが飾ってあるのをみて、

先生が「わー!これ知ってる!」と話したところから、話が弾みました。

しばらくアニメの話題で盛り上がったあと。

息子は自分の胸の内を語りはじめました。

「不登校って辛いです」

「友達は毎日学校へ行くのに、自分は罪悪感ばかり」

「でも、学校へ行くほどには精神的に強くない」

初対面の先生だけれど、息子はぽつりぽつりと、でもたくさん話しました。

「この先生だったら信頼できる」と思ったのでしょうね。

しばらく話をしたのち、おもむろに先生が切り出しました。

「ねえ、高校はネットコースなら大丈夫?話を聞いてみたい?」

すると、息子は下を向いて急に黙り込んでしまいました。

あとから先生に聞いたのですが、どうやら鳥肌が立っていたようです。

そのくらい、緊張してしまったのね・・・。

今日は初対面の先生に会って、いっぱい話せた。

あんなに人間不信だったけれど、先生には心を開くことができた。

それだけで、がんばったね。

先生は「いろんな道がありますから、あせらないで」と、私にアドバイスしてくださいました。

実は、親も緊張した、今日の家庭訪問。

先生によると、中には会うことすらできないお子さんもいるようです。

だから、今日は上々の出来だったみたい。

先生を見送ったあと、息子は疲れて眠ってしまいました。

よほど緊張していたのでしょう。

戦士の、つかの間の休息。

彼の歩みを、ゆっくり見守っていきたいと思いました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク